爆発寸前!子育てのイライラ、どうやったら回避できる?

>
この記事をシェアする

毎日イライラ。かわいい子供を相手にしているのにどうして?

5分だけ、ご褒美タイムを作りましょう

長いようで短い妊娠期間を終え、やっと出会えた可愛い我が子。
そんな我が子も、延々と泣いて泣き叫ばれていたら、どんどんイライラが募るもの。
しゃべるようになれば、長々とあれこれ話しかけてきて、可愛いけどうるさい。

そんな時、どうしてますか?
うるさい!と怒鳴ってしまって、そのあと自己嫌悪に陥ることもありますよね。
そんな時、たった5分で良いのでご褒美タイムを作ってみませんか?
乳児は泣いている内になんで泣いていたのかわからなくなって、ますます泣いてしまうこともあります。
そんな時はあえて抱っこをせず、状況を変えてあげると泣き止むことも。
ずっとしゃべっている幼児は喉が渇いているはず。
ちょっと休憩しようか、と声を掛けてお茶やジュースをあげてみてください。
そして、そのあと5分がママのご褒美タイムです。
お子さんが他に気を取られている間に、ちょっと距離を置いた場所で深呼吸してみましょう。

深呼吸することで、少しだけ冷静に。

イライラしていると呼吸が浅くなり、どうしても体内の酸素が不足してしまいます。
そんな時に深呼吸を数回すると酸素が全身に取り込まれるので、冷静さが少しだけ戻ってきます。
それなら子供の前でも一緒じゃない?と思うかもしれませんが、そうでもないのです。
ほんの少し、たった少しの時間ですが一人の場所に行くことで、不思議と気持ちも穏やかになります。
もしも時間的余裕がもう少しあるようなら、お茶でもジュースでも、好きな飲み物を一口飲んでみてください。
飲み物を飲んだ後、ほっ、と一息ついてしまいませんか?
その、ほっ、が心の中にあるイライラを排出して、落ち着きを取り戻すことができます。
僅かな時間でも一人の時間を作り、深呼吸をして心を落ち着かせる。
そんなご褒美タイムを作って、日々の疲れを少しでも癒してみてください。


Copyright © 子育てのイライラを回避するアイデア. All Rights Reserved.

TOPへ戻る