子育てのイライラを回避するアイデア

爆発寸前!子育てのイライラ、どうやったら回避できる?

一人の時間はとっても大切

育児のストレスは大きいのに、なかなか他の人には言えないもの。
それでも、生まれたばかりの新生児にも乳児にも、手が離れるのでは?と思う幼児期でさえもイライラは続きます。
そのイライラの原因は生活環境や、子供の成長状況によってさまざま。
産後すぐであれば、慣れない新生児のお世話で緊張しているせいもありますし、授乳感覚が短く寝不足が続くのでどうしてもイライラしがちです。
新生児期が過ぎ乳児期に入っても、夜泣きが続いて眠れないこともあります。
動き出せばあちこち悪戯をするので目を離せないし、離乳食が始まったら始まったで、一生懸命作った食べ物を食べてくれなかったり。
言葉が理解できるようになり少し楽になるかと思えば、2歳のイヤイヤ期に突入して何を言っても「イヤ!」何をやっても「イヤ!」。

可愛いはずの我が子が相手なのに、どうしてこんなにイライラしてしまうんだろう?と考えたことがあるのは、あなただけじゃありません。
お母さんって、本当に大変なんです。
本能のまま生きる子供相手をしながら、家事をして、仕事をして、ご主人の相手もして。
そりゃあ、日々の生活でイライラが募っても仕方がないんです。
イライラしながら子供の相手をしたりご主人の相手をしている自分が、なんだか嫌だな、って思うこともありますよね。
周囲のお母さんたちはいつもニコニコしているのに、自分ばっかりイライラしてる。
そんな風に考えてしまったことも、きっと一度や二度じゃないはず。
でも、自己嫌悪におちいる必要なんてないんです。
子育てのイライラは、しんどいなっていう体からのサインです。
そのサインを見逃さずに心と体を休ませて、同時に子育てのイライラを回避していきましょう!

大変なのはわたしだけ?そんなことはありません

出産をして、子育てがスタートして、ふと気が付くと孤独だなって思うことありませんか? 子供といるのに、なんだか一人でもがいているような気がする。 世間から取り残されているような自分にイライラする。 そんな気持ちもあなただけではありません。 少しだけ外に出かけてみれば、同じような人はたくさんいます。

Copyright © 子育てのイライラを回避するアイデア. All Rights Reserved.

TOPへ戻る